ワンダーコットンでサマーセーター編んでみた

 こんにちは!でこぼこです

編んでみたシリーズ 「ワンダーコットンでサマーセーターを編んでみた」

昨年は購入のみで編めなかったワンダーコットンですが、編みたいものが編める時間が取れるようになったのでジャンジャン編んでいきたいと思います

ユザワヤのワンダーコットン

結構な大きさで200gで800mほどあります
この糸は皆さんよく編まれているようで、教室でも半分の方が手にとってストールなどを編まれています

皆さん色の好みも色々と違うので、みんな違う色を購入出来上がり感もそれこそ色々なので楽しいですし、
自分とは違う作品をみることは、色の勉強や作品を編む時のヒントがいっぱいです
お互いに「こんなにしたら編みやすかったよ!」「内側より外側から編み始めたらこんな色になったよ」「ここの色のここから編んでみたら…」など
情報交換できる、こんなところが編み物教室のいいところです

一つでは足りないので、このワンダーコットンを二つ用意しました。

まずはゲージを編んでいきます
4/0号・5/0号・6/0号で編んでみました
今回は5/0号の編み針を使いたいとおもいます

(写真は編みたてホヤホヤです!この後アイロンをきちんとかけてゲージをとりました)

袖の部分は模様編みが変わります

いい感じに成長中→♪

!!!

間違いを見つけて…
数段解く事に (涙)

私は解いたそのままで編みましたが途中、糸が絡みそうになり冷や冷やしました
そのままで編むと

  1. その場から動けない
  2. 解いた糸が絡まり、その糸を解く手間がかかる
  3. 倍の時間の浪費になる

ラーメン状態の糸は絡みあいやすくなっているので
糸がもつれてその糸をまた解くのに時間だけが過ぎていき

最悪!!!

糸を切ることになります

ちゃんと、解きながら 糸を巻き また、解いては糸を巻いてから編み直しが一番効率的です

無事にヨークの部分まで編みあがりました♪

ワンダーコットンはロングピッチの段染め糸で軽く

ただ注意する点をいうなら
ヨリのない糸なので、一針一針 きちんと針に糸をかけて編まないといけないところでしょうか

ヨークを編んだあとは袖の部分と身頃の部分に分かれて増減なしで編むだけなので、テレビや動画を見ながら編みました

涼しげな色で軽く仕上がりました♪
トップダウン(首から下に編んでいく)で編むのはサイズ調整や丈の調整もしやすいので教室でもおすすめしています

長編みや鎖編みなど記号図が読めるようになって、かぎ針編みの基礎の基礎が出来るようになった
初心者→中級者にもチャレンジしやすいと思います

参考にした本:日本ヴォーグ社出版「ネックから編む一年中のかぎ針編み」セーター、カーディガンと輪編みのスカート

糸:ユザワヤ糸 ワンダーコットン

編み針:4/0号かぎ針

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる